プロポーズされない女性に足りないものとは?特徴12

こんにちは^^

「この人でいいのかな」を解消する恋愛専門占い師、石川真彩です。

もう10月も半ば、東京は10月に入ってからも暑い日がありましたが、

ようやく涼しくなってきました。秋本番突入ですね。

もともと食べるのが大好きなので、食欲の秋・・・食べすぎには気をつけないといけません。

さて、今日のお話へ。

このお仕事をしていると、よくプロポーズについてのご相談もお受けします。

「全然プロポーズしてくれないけど、私に原因があるんでしょうか?」

と、不安になり自信を無くしてしまっているのです。

そこで今回は、

プロポーズされない女性の特徴というものがあるのかどうか!?

あるとしたらどんな特徴なのか!?

これについて、考察していきたいと思います。

まず、基本的な私の考え方。言いたいこととして。

「あなたはありのまま(自然体)でいるのが一番素敵です」ということです。

とても在り来たりなフレーズなので、

「ははん!またそういう綺麗ごと言って!」と思われるかもしれませんね。

でも本当に、心をギスギス尖らせてまで、無理や我慢をする必要はないんです。

よく結婚会見などで「相手は、自然体でいられる人です♡」というセリフを聞きますよね。

本当にご縁のある方とは、自然にくっつくものなんです。

それなのに、相手の顔色を気にして、周りと自分を比較して

「こんな自分じゃだめだ」と厳しくダメ出しをして、自分磨きを頑張り続ける。。。

それではあなたの本来もっている魅力がすり減って、逆効果です。

もちろん、メイクやオシャレを頑張ってセンスが良くなったりジムに通って運動したり料理を習ったりして損することはありませんし、何より「あなたが楽しいなら」続けていいと思います。

でも、それを楽しいと思えないのに無理をして続けている場合は、「そんなこと無理して続ける必要ないのになぁ」と私は思ってしまいます。

なので、過去の鑑定を参考に、これから「プロポーズされない女性の特徴」についてお話しますが、ムリヤリ、苦しみながら、辛い気持ちを我慢してまで、直そうとする必要はないということを始めに断言しておきます。

なぜならそんなことをしなくとも、本当にご縁のある方なら、あなたの「ダメだなぁ」と思うところも、なんだかんだ受け入れてくれるはずだからです。

※ただし、補足しておきたいのは、、、

ここで言う「そのままのあなたでいい」というのは、「これが本当の私なんだから、愛しているなら受け入れなさいよ!」と開き直ることではありません。それは単なる「押し付け」です。

あくまで、「無理に捻じ曲げて苦しんでまで、自分を変える必要はないよ」という意味です。そもそも、無理をして関係を発展させたところで、きっと後でボロが出ます(噛み合わなくなってきます)。

1.嫉妬深い、束縛がきつい女性

彼に対する気持ちが大きすぎて、ついつい、彼の行動の全てを把握したくなってしまう。常に繋がっていたいと思ってしまう。相手も同じであってほしいと求めてしまう。

もちろん、私も若かりし頃に経験がありますのでよくわかります。

でも、男性からすると、「信用されていない」「なんだか息苦しい」「幸せにしてあげられていないんだ」と感じる場合が多いのも事実です。あなた自身も、嫉妬や束縛に心を占領されるのは、苦しいはず。

大事なのはまず、信じること。ただし、最初から相手を信じようとするのではなく、まずは自分を信じること。「彼は私を一番に思ってくれている」「私は一番の幸せが相応しい女性だ」と、自分の価値を信じてあげることです。

これがうまくできれば、嫉妬心は和らいでいくはずですよ。

2.依存しすぎ、尽くしすぎる女性

彼が一番の最優先事項であり、どんな予定があろうと、自分がどう感じようと、そんなのは二の次。彼が「右」と言えば右を選び、「左」と言えば左を選ぶ。

男性からすると、これまた「なんだか息苦しい」「魅力がない」と感じてしまいます。

そのように接するのが心から幸せで、何の違和感も感じないのであれば、それでいいと思います。でも、「何かがおかしい」「苦しい」と感じるのであれば、接し方を変えていくべきです。

まずは相手基準ではなく、自分基準(あなたがどう感じるか)でものごとを見て判断するようにすること。なぜなら、あなたが幸せになるための地図は、彼ではなく、あなたが持っているからです。

3.受け身すぎる女性

旅行やデートのプランを彼にまかせっきりにしたり、食事に行くときも「なんでもいい」と丸投げしていたり、、、あなたにそんなつもりはなくとも、男性からすると「つまらない」「自分ばかりが張り切っていてバカみたい」「楽しくないのかな」と感じてしまう場合があります。

4.自分の意見を言えない女性

何か思うところがあってもいつも自分の意見を言わない、、、男性からすると、「付き合っている意味がない」「つまらない」「魅力がない」と感じてしまうこともあります。

結婚すれば、他人同士がチームとして1つの家庭をつくっていくわけですから、意見を出し合うことも必要になってきますよね。「私は、こう思う」と意見を述べることも必要不可欠です。考えがまとまっていなくても、会話をしていく中でまとまっていくこともあります。まずは何でも良いので、発言をしてみることから始めると良さそうです。

5.料理や家事が苦手&上達しようとしない女性

料理や家事が苦手で、且つ、上達しようとしている姿勢が見えないと、「これでやっていけるのかな」と不安になるものです。

もし男性の方が家事が得意なら、教えてもらったり、一緒にやろうと声をかけたり、前向きさをアピールすることも時には大切です。

6.社交性に欠ける女性

例えば彼の知人に会った時、何も発言せずに黙っていたら、、、彼も「結婚してからやっていけるのか」と不安になります。親戚づきあいもありますし、子供ができたら親同士の交流もあります。

その場で咄嗟に自分のことを話すのが苦手なら、「初対面の人にする質問」を予め準備して覚えておいて、話を振り、聞き役に徹するというのも良い対策です。

どんなお仕事をしているか、休日何をしているか、実家はどこか等、、、広がりそうな話題のタネは沢山あります。予め考えておけば、気持ちにもゆとりが生まれますよ。

7.金銭感覚がずれている女性

ケチすぎたり、散財しすぎたり、金銭感覚がずれている場合にも、不安を感じやすいようです。多いのは、「奢ってくれて当たり前」と思って甘えていたら、実は彼の方は不満を抱いていたというパターン。

お金の問題はとても現実的で繊細な問題なので、違和感を感じたら、思い切ってお互いの考えを通わせるのが良いかもしれません。

8.プライドが高すぎる女性

なかなか謝らなかったり、マウンティングをしたり、、、そういったことが続くと、男性からしたら「結婚してからもやっていけるのか」と不安になることが多いようです。

本当に自信がある人は、非を認めることに抵抗はありませんし、人を見下すこともしません。1でもお話しましたが、まずは自分の価値を信じること。ここをクリアできれば、「プライドが高すぎる自分」「素直になれない自分」が緩和してくるはずです。

9.すぐに感情的になる女性

些細なことでヒステリーを起こしたり、号泣したり、なかなか感情のコントロールができていないと、男性からしたらこれまた「やっていけるのか?」と不安になるものです。

心当たりがあるなら、まずは安定した気持ちを取り戻すために、「自分が心地よいことだけ」をしてゆったりした気持ちで過ごす時間を増やすこと。要は、自分を大事にすることです。とても在り来たりな言葉ですが、そうすることで余裕がうまれ、結果として、幸せへの近道になるのです。

すぐにできる対策としては、「カッとなったら、まずは一呼吸」。今言うべきことなのか?どういう言葉を使えば正確に自分の気持ちが伝わるのか?一旦自分の中で整理してから、冷静に「伝える」(×「ぶつける」)ことができるとベストです。

10.話を聞かない女性

おしゃべりが好きな女性に多いですが、相手の話を(そんなつもりはなくとも)聞いていない、という場合があります。先ほども書きましたが、結婚したら、チームとして1つの家庭をつくっていくわけですから、お互いの話に耳を傾ける必要があります。

自分が言いたいことを言って満足するだけではなくて、「相手の言いたいことは何かな?」と汲み取ろうとする姿勢も、時には必要です。

11.捕まえていなくても逃げなさそうな女性

2に通じるものがありますが、「結婚をしなくてもずっとそばにいてくれそうな女性」というのも、なかなかプロポーズに至らないようです。急いでプロポーズや結婚をする必要性が、そもそもないからです。

あなたが待っていても苦じゃないのなら、それでいいかもしれません。でも何か違和感を感じたり、苦しいと感じるのであれば、まずは「あなたがどう感じるか、どうしたいのか」を今一度見直して、心の声をくみ取ってあげる必要があります。

相手に合わせすぎるのではなくて、のびのび、あなたはあなたの「したいようにする」ことです。

12.健康に気を遣っていない女性

子供が欲しいと考えている男性は特に、その女性が健康かどうかをしっかり見ています。この先、何十年と一緒にいたいと思えるパートナーを求めているのですから、当然と言えば当然です。

もしあなたに「無茶な生活をしている」と自覚がある場合は、少しずつで良いので、改めていく必要がありそうですね。

いかがでしたでしょうか。

プロポーズされにくい要因についてお話しましたが、最初に申し上げた通り、これらに当てはまるかどうかはそこまで重要なことではありません。

本当にご縁がある男性、あなたを大事に思ってくれ(てい)る男性なら、どんなに「うーん・・・」と思うポイントがあっても、最終的にはちゃんとあなたを選んでくれるはずなのです。

にゃん
にゃん
人見知りでも料理がイマイチでもお酒が好きでもよく喧嘩しちゃっても、結婚できてる人は山ほどいるにゃ。それはきっと「うーんと思う部分」よりも」「魅力的な部分」が圧倒的に大きいからにゃね。

だから、単に当てはまるものがあったからといって落ち込む必要はありませんし、釈然としない気持ちのまま(「直したくないなぁ」「直す必要あるのかなぁ」と思えてしまうなら)、無理に直そうとする必要はありません。

ただ、もし!

今回の記事の中に、あなた自身が直感的に「ギクッ」と感じる部分があったのなら。

それは、「改善すべきポイント」であり、今が改善すべきタイミングなのかもしれません。

幸せになるために必要な地図は、予めあなたの心にプログラミングされているからです。

本当はそう感じているのに、「見て見ぬふり」をしていることはないかな?

良くないと思いながらも「先延ばし」にしてしまっていることはないかな?

今一度、心の声を感じ取って、ぜひ、行動に移してみてくださいね。

石川真彩

*****************************

「この人でいいのかな」という迷いを

打破する唯一の方法、無料で公開中★

↓↓詳しくはこちら↓↓